コレステロール 高い ダメ 理由

コレステロールが高いとダメな理由って?
Line

コレステロールが高いとどうしてダメなの?


ここでは、コレステロールが高いとダメな理由について書いています。

コレステロールが高い場合、治療が必要だといわれていますが、どうして高いままだとダメなのでしょうか?

Line

コレステロールが原因で発症する3つの病気


コレステロールが原因で発症する病気は大きく分けて3つあります。

・動脈硬化
・狭心症や心筋梗塞
・脳梗塞

コレステロールが多いと動脈硬化の発症リスクが高くなります。

動脈硬化とは、血管の弾力が失われて、血液の流れが悪くなる病気です。

動脈硬化を放置すると恐ろしい病気を引き起こし、場合によって死にいたることもあります。

自覚症状が乏しいことから「沈黙の殺人者」ともいわれています。

様々な病気の原因になるので、動脈硬化にならないためにもコレステロールが高い場合は、早めに治療を始めてください。

コレステロールが原因で動脈硬化になった場合、気をつけたいのが狭心症や心筋梗塞です。

どちらも非常に怖い病気ですが、心筋梗塞の場合、最悪死にいたります。

コレステロール値が高ければ高いほどかかりやすくなるので、発症を防ぐためにもコレステロールを下げる努力をしてください。

脳梗塞とコレステロールも関係しています。

コレステロールが多いと脳の血管が詰まりやすくなり、脳梗塞になりやすいです。

逆にコレステロールがあまりにも低い場合も脳血栓ができやすいので注意しましょう。

Line

コレステロールが高いとダメな理由のまとめ


まとめておけばコレステロールが高いとダメな理由は、

・動脈硬化
・狭心症や心筋梗塞
・脳梗塞

といった3つの病気の発症リスクを高めてしまうからです。

一度、発症するとそう簡単に治せない病気ばかりなので、コレステロールが高い人は、早めに対処してください。

体に異変を感じる場合、もしかするとすでにこうした病気を発症しているかもしれません。

生活習慣が乱れている人や食生活が偏っている人は、コレステロールが高い傾向がありますし、動脈硬化や脳梗塞などの病気にもなりやすいので、病院で検査をされた方がいいでしょう。

早めに治療を始めるとコレステロールやそれに関係する病気を早めに改善することができます。

逆に治療が遅れるとどんどん治療が難しくなり、治るまで時間がかかってしまいます。

そして、信頼できる病院で治療を行うためにも、しっかりと口コミをチェックしてください。

口コミのいい病院であれば適切な治療を受けられるでしょう。

Line