コレステロール 高い 原因

コレステロールが高い原因って?
Line

コレステロールが高い原因とは?


ここではコレステロールが高い原因について書いています。

コレステロールがどうして高くなるのか、その原因を知っておきましょう。

Line

コレステロールが高い原因は大きく分けて5つ


コレステロールが高い原因は大きく分けて5つあります。

・食生活の乱れ
・肥満
・ストレス
・運動不足
・遺伝

乱れた食生活を続けているとコレステロールが高くなってしまいます。

乳製品や肉、お菓子などをたくさん食べているとどんどんコレステロールが増えてしまうので気をつけてください。

また、こうした食べ物を控えても食べ過ぎやカロリーの摂り過ぎで、コレステロールが増えることもあります。

食生活が原因で高コレステロールに悩まされている人は多いので、日頃の食事メニューを見直しましょう。

肥満体型の人ほどコレステロールが増えやすいといわれています。

これは太っている人ほど中性脂肪が多くなるためです。

太り気味だと感じているなら、早めにダイエットをして、体重を落としましょう。

ストレスを受け続けると副腎皮質ホルモンが分泌され、コレステロールが増えてしまいます。

さらに動脈硬化のリスクも高めてしまうので、日頃からストレス軽減に努めてください。

体を動かす機会が少ないとコレステロールが増えてしまいます。

特に運動不足で食生活が乱れている人は、コレステロールが非常に溜まりやすいので注意しましょう。

少しでもいいので、毎日適度な運動を心がけてください。

コレステロールの高さは遺伝も関係しています。

両親のコレステロールが高いとその子供もコレステロールが高くなりやすいです。

もし、家族にコレステロールが高い人がいる場合、普通の人よりもコレステロールが溜まりやすいので、生活習慣や食生活にくれぐれも気をつけてください。

日頃から気をつけて生活をしていれば、仮に高くなりやすい体質だったとしてもコレステロールを抑えることができます。

Line

コレステロールが高い原因のまとめ


まとめておけばコレステロールが高い原因は、

・食生活の乱れ
・肥満
・ストレス
・運動不足
・遺伝

の5つです。

一般的にこうしたことがきっかけでコレステロールが高くなるので、自分に該当していないか確認してみてください。

該当するものがあった場合、既にコレステロールが高いかもしれないので、病院で一度検査をしたり、生活習慣を見直しましょう。

また、コレステロールの溜まりやすさが遺伝しても先ほどお話したようにコレステロールを抑える生活を心がければ問題ありません。

Line