コレステロール 高くなりやすい人

コレステロールが高くなりやすい人って?
Line

コレステロールが高くなりやすい人とは?


ここではコレステロールが高くなりやすい人について紹介しています。

コレステロールが高くなりやすい人には、どのような特徴・共通点があるのでしょうか?

Line

コレステロールが高くなりやすい人の特徴・共通点は大きく分けて6つ


コレステロールが高くなりやすい人の特徴・共通点は大きく分けて6つあります。

・太っている
・暴飲暴食
・運動不足気味
・ストレスが多い
・タバコを吸っている
・お酒が好き

コレステロールが高い人は、太っている傾向があります。

肥満の人ほどコレステロールが高いとされているので、適正体重を保つことが大切です。

ただし、痩せていてもコレステロールが多い人はいるので、体重が少ないからといっても安心はできません。

暴飲暴食をしているほどコレステロールが高くなりやすいです。

カロリーを考えずにたくさん食べている人や、野菜を食べずに肉ばかりを食べている人、甘いものが大好きでいつも大量にお菓子を食べている人などは、注意した方がいいでしょう。

食事が与える影響は非常に大きいので、乱れた食生活の人は早めに改善してください。

コレステロールが正常な人は毎日適度に体を動かしていますが、コレステロールが高い人は運動不足気味です。

運動をしないとどんどんコレステロールが蓄積されていきます。

ハードな運動をする必要はありませんが、軽くてもいいので毎日続けるようにしてください。

それがコレステロールを抑える秘訣です。

ストレスが多い人は、コレステロールが高くなりやすいといわれています。

これはストレスの影響で、コレステロールと関係している血液中の遊離脂肪酸が増加するためです。

ストレスをゼロにするのは難しいですが、リラックスできる時間を設けて少しでもストレスを減らしましょう。

タバコに含まれているニコチンには、コレステロールを増やす働きがあります。

さらに血液の流れを悪くさせて、心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクも高めてしまいます。

適量なら問題ないですが、過剰にお酒を飲むとコレステロールが増えてしまうので要注意です。

飲み過ぎかもと思う人は、少し控えたり、休肝日を設けてください。

Line

コレステロールが高くなりやすい人のまとめ


まとめておけばコレステロールが高くなりやすい人の特徴・共通点は、

・太っている
・暴飲暴食
・運動不足気味
・ストレスが多い
・タバコを吸っている
・お酒が好き

の6つです。

該当する項目が多い人ほどコレステロールが高くなりやすいと思ってください。

特にタバコはコレステロールだけではなく、様々な悪影響を体に与えるので、早めにやめた方がいいでしょう。

Line